大和自動車交通を知る

トップメッセージ

君と未来を創出する喜びを共有したい

当社大和自動車交通グループは、創業以来80余年にわたるハイヤー・タクシー事業を主軸に、業界初の株式上場会社としてリーディングカンパニーの役割を担っています。
現在私たちの業界は、地球環境問題の対応やAI・IoTをはじめとする社会全体のデジタル化へのさらなる進化などにより事業を取り巻く環境が劇的に変化してきています。更に昨今のコロナ禍は人々に新たな生活様式を持たらすなど、これからはより新しい形のニーズの発生とそのための新たなサービスが求められて来る様になり、それは大きな変化が求められることとなってきています。
しかしながら通勤、通学、旅行、帰省など人々の重要な活動を移動の点において支えるということは私たちの変わらぬ基本的な役割です。
この様な時代の日々の変化をどのように受け入れていくのか、どの様に変わっていかなければならないのか又は変わらないのか。今、まさに私たちは考え取組んでいるところです。
当社はリーディングカンパニーとしてその未来に向かい業界全体の先頭に立って変革を実現するため、これまでの常識にとらわれることない発想力と力強い推進力を求めています。そこに今多くの若いパワーが集まりはじめています。
あなたもその一員として、我々と未来を創出する喜びを共有しましょう。

大和自動車交通株式会社
代表取締役社長 大塚一基

大和自動車交通とは

業界唯一の東証上場企業
高い経営水準を保ち、社会への責任と信頼を背負う

大和自動車交通は、終戦の4年後に上場を果たし、創業以来80余年にわたり、その責任と信頼を背負ってタクシー事業を営んでまいりました。業界唯一の東証上場企業として、法令順守、内部統制の整備・運用、コーポレート・ガバナンス体制の徹底した整備を行っています。健全な企業体制を維持し、株主様やお客様、従業員などあらゆるステークホルダーの皆様との対話を大切にしています。

藍綬褒章受章祝賀記念パーティー
(昭和35年12月 東京会館)

創業時から息づく「和の精神」

「大和の資本は車ではなく一人ひとりの社員である。これこそが大和の命であり宝だ」とは、創業者の新倉文郎が折にふれ力説していた言葉です。タクシー業界でいち早く東証上場を果たしたのも、社会的信頼を高め、社会生活の基盤である“移動”を支える乗務員たちに、より大きな誇りをもって業務にあたってほしいという新倉の思いからでした。“大和”という名に込めた皆との団結の精神は現在に引き継がれ、従業員同士が分け隔てなく互いに協調しあえる和やかな雰囲気が会社全体に漂います。温かな環境から生まれる自然体の笑顔でお客様をお送りすること、それこそが我々の目指す社会との調和なのです。

タクシー評価制度で最高ランクの「優良事業者」を連続獲得
安全・安心、良質なサービスを第一に守り続けています

(公財)東京タクシーセンターが定めるタクシー事業者ランク制度の創設以来、大和自動車交通は常に最高ランクの「優良事業者」を獲得し続けています。これは、サービス、安全な運行、そして経営姿勢が総合的に評価されたもので、私たちがお客様の利便性向上と、良質なサービスのご提供を最優先に取り組んでいることの証でもあります。

数字で見る大和

※2021年度実績